止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記

講談社+α文庫
トマッタトケイアサハラショウコウノサンジョアーチャリーノシュキ
  • 電子あり
止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件から20年。あの頃、教祖・麻原彰晃の後継者としてメディアを賑わせた、ひとりの女の子を覚えているだろうか。
アーチャリー正大師、当時11歳。社会から隔絶された地に育った彼女は、父の逮捕後も、石もて追われ、苦難の道を歩んだ。アーチャリーとしてではなく、松本麗華として、これまで歩んできた「オウム」「父」「わたし」のすべてを明かすことに決めた。
本書は、父の逮捕の日から止まっていた時計を、自らの手で動かそうとする苦闘の記録である。

製品情報

製品名 止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記
著者名 著:松本 麗華
発売日 2018年05月18日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-511933-4
判型 A6
ページ数 408ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は2015年3月に小社より単行本として刊行されました。文庫化にあたり、一部を加筆・修正しています。

著者紹介

著:松本 麗華(マツモト リカ)

1983年4月、オウム真理教の教祖・麻原彰晃(松本智津夫)と松本知子の三女として生まれる。
1995年の麻原教祖の逮捕後は、教団唯一の「正大師」としてさまざまな問題に巻き込まれたが、16歳のときに教団から離れた。
現在は執筆のほか、インストラクター、カウンセラーとして活動。文教大学臨床心理学科卒。日本産業カウンセラー協会、日本人間性心理学会所属。

オンライン書店で見る