被災の思想 難死の思想 【小田実全集】

イキトシイケルモノハ
著:小田実
  • 電子のみ
被災の思想 難死の思想 【小田実全集】
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

目次

  • I 阪神大震災、「人災」のなかで怒り考える
  • 1 一月十七日午前五時四十六分
  • 2 「棄民」としての被災者
  • 3 「防災モデル都市」とは何か
  • 4 「足つきの思想」「足つきの文化」
  • II 大震災を通して見えて来たもの
  • 1 「人災」としての阪神大震災
  • 2 「談合」政治が「棄民」政治をつくる
  • 3 「あちらの世界」と「こちらの世界」
  • III 二つの「難死」体験
  • 1 「一九九五年」と「一九四五年」
  • 2 大震災「難死」者六千人の重み
  • IV 「戦後日本」がめざしたもの
  • 1 「殺すな」と「体現平和主義」
  • 2 「湾岸戦争」と「平和憲法」
  • V 「戦後五十年」後の日本
  • 1 社会党の「転向」と「談合」政治
  • 2 「良心的戦争軍事拒否国家」日本
  • VI 「日本株式会社」としての「経済大国」
  • 1 「トヨタの国」「ニンテンドウの国」
  • 2 「戦前日本」をいま一度ふり返る
  • 3 「法人資本主義」の「壁」と「大阪イデオロギー」
  • VII 「被災の思想」を生きる
  • 1 人それぞれの「被災の思想」
  • 2 「平和憲法」の原点としての「市民の防災」
  • 3 「たすけあうこころをしった」
  • 4 「われ=われ=われ……」の「共生」
  • VIII 「経済大国」のどんづまりで
  • 1 「バブル経済」の崩壊と「日本株式会社」
  • 2 もう一度、被災地に立ち戻って考える
  • 3 「もうだいぶ復興しましたか」
  • 4 「国の復興熱、冷え始めた」
  • IX 「経済大国」から「人間の国」へ
  • 1 「被災神戸」の「再生」「転換」
  • 2 「人間の国」の科学技術とは
  • 3 沖縄の「難死」「難生」の上の「安保」
  • 4 五時四十六分で凍った時間
  • 付録
  • 「公」的援助金についての私の主張、提言
  • あとがき

製品情報

製品名 被災の思想 難死の思想 【小田実全集】
著者名 著:小田実

著者紹介

オンライン書店で見る