ベスト本格ミステリ2018

講談社ノベルス
ベストホンカクミステリ2018
編:本格ミステリ作家クラブ 著・その他:岡崎 琢磨 著・その他:阿津川 辰海 著・イラスト:大山 誠一郎 著・その他:白井 智之 著・その他:松尾 由美 著:法月 綸太郎 著:東川 篤哉 著:水生 大海 著:西尾 維新 著:城平 京 著:有栖川 有栖
  • 電子あり
ベスト本格ミステリ2018
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本格ミステリ作家クラブが選んだ2017年のベスト本格ミステリ短編&評論のすべて!

小説◎
夜半のちぎり 岡崎琢磨
透明人間は密室に潜む 阿津川辰海
顔のない死体はなぜ顔がないのか 大山誠一郎
首無館の殺人 白井智之
袋小路の猫探偵 松尾由美
葬式がえり 法月綸太郎
カープレッドよりも真っ赤な嘘 東川篤哉
使い勝手のいい女 水生大海
山麓オーベルジュ『ゆきどけ』 西尾維新
ヌシの大蛇は聞いていた 城平京

評論◎
吠えた犬の問題 有栖川有栖

製品情報

製品名 ベスト本格ミステリ2018
著者名 編:本格ミステリ作家クラブ 著・その他:岡崎 琢磨 著・その他:阿津川 辰海 著・イラスト:大山 誠一郎 著・その他:白井 智之 著・その他:松尾 由美 著:法月 綸太郎 著:東川 篤哉 著:水生 大海 著:西尾 維新 著:城平 京 著:有栖川 有栖
発売日 2018年06月08日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-511821-4
判型 新書
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 岡崎琢磨「夜半のちぎり」…「小説推理」2017年7月号、阿津川辰海「透明人間は密室に潜む」…「ジャーロ」No.62(2017.12)、大山誠一郎「顔のない死体はなぜ顔がないのか」…<数学的遺言 第二話>「メフィスト」2017 VOL.3、白井智之「首無館の殺人」…『謎の館へようこそ 黒』(2017.10)所収、松尾由美「袋小路の猫探偵」…「ミステリーズ!」vol.85(2017.10)、法月綸太郎「葬式がえり」…『奇想天外 21世紀版 アンソロジー』(2017.10)所収、東川篤哉「カープレッドよりも真っ赤な嘘」…「月刊ジェイ・ノベル」2017年3月号、水生大海「使い勝手のいい女」…「小説推理」2017年5月号、西尾維新「掟上今日子の乗車券 第二枚 山麓オーベルジュ『ゆきどけ』」…「メフィスト」2017 VOL.1、城平京「虚構推理 ヌシの大蛇は聞いていた」…「メフィスト」2017 VOL.2、<評論>有栖川有栖「吠えた犬の問題――ワトスンは語る」…『奇想天外 21世紀版 アンソロジー』(2017.10)所収。

著者紹介

編:本格ミステリ作家クラブ(ホンカクミステリサッカクラブ)

本格ミステリ作家クラブとは――
本格ミステリというジャンルのさらなる発展を目指し、2000年に設立された団体。
年間の最優秀本格ミステリ作品を表彰する「本格ミステリ大賞」を創設し、その運営をおこなっている。
初代会長を北村薫氏、2代目会長を有栖川有栖氏、3代目会長を辻真先氏、4代目会長を法月綸太郎氏がつとめ、現会長は東川篤哉氏。
現在、推理作家・評論家・漫画家など約180名が所属している。

オンライン書店で見る