帰れぬ人びと

講談社文芸文庫
カエレヌヒトビト
  • 電子あり
帰れぬ人びと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

父が女性と暮らす家へ続く川べりの道を、ひとり歩く少年。
かつての仄暗い賑わいの記憶を底深く秘めて佇む町――
帰るべき場所を持たない喪失感と哀しみを抱きながら、それでも前を向いて行きようとする人びとに、年齢に似合わぬ静謐なまなざしを著者は注ぎ続けた。
大人になる直前の老成。どうしようもない人生への諦観。
あまりにも早熟な十八歳の才能を示す、最初期作品集。

目次

  • 川べりの道
  • かもめ家ものがたり
  • 朽ちる町
  • 帰れぬ人びと

製品情報

製品名 帰れぬ人びと
著者名 著:鷺沢 萠
発売日 2018年06月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-511733-0
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「川べりの道」…「文學界」1987年6月号、「かもめ家ものがたり」…「文學界」1987年8月号、「朽ちる町」…「文學界」1988年11月号、「帰れぬ人びと」…「文學界」1989年5月号。底本『帰れぬ人びと』(文春文庫 1992年10月)。

著者紹介

著:鷺沢 萠(サギサワ メグム)

鷺沢萠(1968.6.20-2004.4.11)
作家。上智大学外国語学部ロシア語科中退。1987年、「川べりの道」で文學界新人賞を当時最年少で受賞。92年「駆ける少年」で泉鏡花賞を受賞。他の著書に『少年たちの終わらない夜』『葉桜の日』『大統領のクリスマス・ツリー』『君はこの国を好きか』『過ぐる川、烟る橋』『さいはての二人』『ウェルカム・ホーム!』など。

オンライン書店で見る