地図の歴史 世界篇・日本篇

講談社学術文庫
チズノレキシセカイヘンニホンヘン
  • 電子あり
地図の歴史 世界篇・日本篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文字よりも古い歴史をもつといわれる地図には、その時代の人々の世界観が描かれる。それは豊かな想像力と確かな科学や測量が融合した、時代の観念の具象化だった。世界と日本それぞれに、人類はどのような観念を地図に描き、そして現実の世界とつなげようとしてきたのか。斯界の泰斗が、興味深い数多くのエピソードに160点超の豊富な図版を交えてつづる地図の歴史。長く読み継がれてきた歴史地理学の入門書、待望の文庫化!

目次

  • 世界篇
  • 第1章 地図の起源
  • 第2章 ギリシア・ローマ時代の地図
  • 第3章 中世における世界図の退歩
  • 第4章 近代地図のはじまり
  • 第5章 地理的発見時代の地図
  • 第6章 世界図における新大陸
  • 第7章 メルカトルから近・現代地図へ
  • 第8章 中国における地図の発達
  • 日本篇
  • 第1章 古代および中世の地図
  • 第2章 近世初頭の世界図の発達
  • 第3章 鎖国下の江戸時代の地図
  • 第4章 蘭学と世界図
  • 第5章 伊能忠敬の実測日本図の完成
  • 第6章 北辺地方の探険と地図の発達
  • 第7章 ヨーロッパの地図にあらわれた日本図の変遷
  • 第8章 明治以降における近代地図の発達

製品情報

製品名 地図の歴史 世界篇・日本篇
著者名 著:織田 武雄
発売日 2018年05月10日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-511728-6
判型 A6
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、小社より講談社現代新書として1974年10月に刊行された『地図の歴史 世界篇』と同年11月に刊行された『地図の歴史 日本篇』を合本にしたものです。

著者紹介

著:織田 武雄(オダ タケオ)

1907~2006。京都帝国大学史学科卒業。関西学院大学、立命館大学、京都大学、関西大学で教授職を歴任。京都大学名誉教授、人文地理学会初代会長。専門は歴史地理学。文学博士。著書『世界の縮小』『古代地理学史の研究』『古地図の世界』『古地図の博物誌』のほか、『人文地理学概説』『人文地理学概論』『人文地理・地誌辞典』『地理ハンドブック』『日本古地図大成』など、多くの共編著がある。

オンライン書店で見る