教会堂の殺人 ~Game Theory~

講談社文庫
キョウカイドウノサツジンゲームセオリー
  • 電子あり
教会堂の殺人 ~Game Theory~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

館で待つのは、絶望か、祈りか。
天才数学者が仕掛ける究極の罠!

訪れた者を次々と死に誘う狂気の館、教会堂。
失踪した部下を追い、警察庁キャリアの司は館に足を踏み入れる。そこで待ち受けていたのは、水死・焼死・窒息死などを引き起こす数多の死の罠! 司の足跡をたどり、妹の百合子もまた館に向かう。
死のゲームと、天才数学者が求める極限の問いに、唯一解はあるのか!?

製品情報

製品名 教会堂の殺人 ~Game Theory~
著者名 著:周木 律
発売日 2018年09月14日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-512853-4
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2015年7月に講談社ノベルスとして刊行されました。講談社文庫刊行にあたって加筆修正されています。

著者紹介

著:周木 律(シュウキ リツ)

某国立大学建築学科卒業。『眼球堂の殺人~The Book~』(講談社ノベルス、のち講談社文庫)で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『LOST 失覚探偵(上中下)』(講談社タイガ)、『アールダーの方舟』(新潮社)、「猫又お双と消えた令嬢」シリーズ、『暴走』、『災厄』、『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』(原案/金城一紀)(すべて角川文庫)、『不死症(アンデッド)』、『幻屍症(インビジブル)』(ともに実業之日本社文庫)などがある。
〔堂″シリーズ既刊〕
『眼球堂の殺人 ~The Book~』
『双孔堂の殺人 ~Double Torus~』
『五覚堂の殺人 ~Burning Ship~』
『伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~』
『教会堂の殺人 ~Game Theory~』
(以下、続刊。いずれも講談社)

オンライン書店で見る