離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる

ブルーバックス
リサンスウガクモノヲワケルリロンモンダイカイケツノアルゴリズムヲツクル
離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀中期以降、とくに発展した科学分野の1つが離散数学です。離散数学はとびとびの対象物を扱い、アルゴリズムと呼ばれる問題解決の手順を作り出します。本書では、離散数学の中でも「ものを分ける問題」を取り上げます。本書の主人公のカウント博士とワトソン助手の科学的対話を通じて、ものを分ける方法を探していきます。
「1本のようかんを誰もが自分のものがいちばんよいと感じるように分ける方法」や「2人で6種類のくだものを納得できるように分ける方法」「部屋が3つある家を3人でシェアするとき、全員が満足する家賃の分割方法」「3人が納得して嫌いなものを分ける方法」など、具体的な問題解決のアルゴリズムを考えていきます。さあ、離散数学の知的探求の物語を愉しみましょう!

目次

  • ようかん問題
  • トリミング調整法
  • くだもの問題
  • 最大化問題
  • 三角形の建物定理
  • 家賃問題
  • 赤道の気温定理
  • 結婚式のケーキカット
  • 料理問題
  • 人数増加法
  • 絶対的優位法
  • 存在定理

製品情報

製品名 離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる
著者名 著:徳田 雄洋
発売日 2018年05月16日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-511756-9
判型 新書
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス