姦通裁判 ―18世紀トランシルヴァニアの村の世界―

星海社新書
カンツウサイバン18セイキトランシルヴァニアノムラノセカイ
姦通裁判 ―18世紀トランシルヴァニアの村の世界―
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

貴族夫人をめぐる愛憎劇から浮かび上がる、近世の村のかたち
一七六五年の夏。ヨーロッパの東のはずれ、トランシルヴァニア侯国のコザールヴァール村で、ある裁判の証人尋問が行われた。原告は領主の一人・イシュトヴァーン。そして被告は彼の妻・ユディト。罪状は「姦通」であった。のべ一〇〇人を超える証人の口から赤裸々に語られるのは、ユディトと間男・アーダームの堂々たる逢瀬、これまでの赤裸々な男性遍歴と子どもたちの出生にまつわる疑念、魔女と媚薬、そして繰り返される暴力……。ユディトは果たして、ただの淫蕩な女だったのか――? 東欧史研究のトップランナーが証言記録を縦横に読み解き、ユディトらを取り巻く近世ヨーロッパの村の暮らしを復元し、事件の深層に迫る。新たな近世史料学入門、ここに誕生!

製品情報

製品名 姦通裁判 ―18世紀トランシルヴァニアの村の世界―
著者名 著:秋山 晋吾
発売日 2018年04月27日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-511636-4
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:秋山 晋吾(アキヤマ シンゴ)

東ヨーロッパ史研究者
1971年生まれ。筑波大学国際関係学群卒業、千葉大学大学院社会文化科学研究科修了、博士(文学)。現在、一橋大学大学院社会学研究科教授。17~19世紀のハンガリー・ルーマニアを中心とする東ヨーロッパの社会史研究を専門とする。共著・編著に、『移動がつくる東中欧・バルカン史』(刀水書房、2017年)、『つながりと権力の世界史』(彩流社、2014年)、訳書・監訳書に、グリーン『海賊と商人の地中海』(NTT出版、2014年)、カーザー『ハプスブルク軍政国境の社会史』(学術出版会、2013年)、オーキー『ハプスブルク君主国 1765-1918』(NTT出版、2010年)、サーヴァイ『ハンガリー』(文庫クセジュ、1999年)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス