神とは何か 哲学としてのキリスト教

講談社現代新書
カミトハナニカテツガクトシテノキリストキョウ
  • 電子あり
神とは何か 哲学としてのキリスト教
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

科学万能の現代に、なぜこのような「時代遅れ」の問いが発せられなければならないのか? だがしかし、本当に、 「神」の問題は哲学的にはすでに解決済みなのか? 人間存在の根源に迫る、齢90の碩学からの、近代人への挑戦状。

目次

  • まえがき
  • 序論 「神とは何か」という問いをめぐって
  • 第1章 なぜ形而上学か
  • 第2章 無神論とどう向き合うか
  • 第3章 知識と知恵
  • 第4章 自己から神へ
  • 第5章 「一」なる神
  • 第6章 「三・一なる神」から「人となった神」へ
  • 第7章 キリストは何者か
  • おわりに 人間の尊厳のために 「神と魂を知りたい」

製品情報

製品名 神とは何か 哲学としてのキリスト教
著者名 著:稲垣 良典
発売日 2019年02月13日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-513503-7
通巻番号 2514
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る