「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで

ブルーバックス
ガンハナゼデキルノカソノメカニズムカラゲノムイリョウマデ
  • 電子あり
「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本のがん罹患者数は年々増加し、最近では年間約100万人が新たにがんを発症し、死亡者の3人に1人にあたる約37万人ががんで亡くなっています。近年の統計からは、日本人の2人に1人が生涯に一度はがんに罹り、男性の4人に1人、女性の6人に1人ががんで死亡するものと推計されています。同時に、がんの診断及び治療技術も近年急速に改善してきました。直近の統計では、がん患者全体の5年相対生存率は60%を超えており、がんの経験者やがん治療を継続されている「がんサバイバー」の数は既に数百万人、日本対がん協会によると700万人を数えているとされています。正に「がんは国民病」と言える時代になったと言えます。
がん撲滅に向けて、医学者や科学者たちは懸命の努力を続けていますが、いまだがんを根治する方法は見つかっていません。しかしながら、近年のゲノム医療の進展で、「がん根治」の手がかりが見えてきています。分子標的薬によるオーダーメイド治療、免疫チェックポイント阻害薬などの画期的新薬も登場しています。日本のがん医療・研究の拠点として、がん研究に取り組んできた「国立がん研究センター研究所」のトップ科学者たちが、「がんのメカニズム」から最先端の「ゲノム医療」まで語り尽くします。

革新的な治療法や検査法が次々に開発

※血液1滴でがんの早期発見できる「エクソソーム解析」

※最適な抗がん剤が見つかる網羅的遺伝子検査

※「魔法の弾丸」分子標的薬でオーダーメイド治療

※公的医療保険が適用できるゲノム医療

目次

  • 第1章 がんとは何か?
  • 第2章 どうして生じるか?
  • 第3章 がんがしぶとく活きる術
  • 第4章 がんと老化の複雑な関係
  • 第5章 再発と転移
  • 第6章 がんを見つける、見極める
  • 第7章 予防できるのか?
  • 第8章 ゲノムが拓く新しいがん医療

製品情報

製品名 「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで
著者名 編:国立がん研究センター研究所
発売日 2018年06月20日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-512093-4
通巻番号 2062
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

編:国立がん研究センター研究所(コクリツガンケンキュウセンターケンキュウジョ)

1962年に日本のがん医療・がん研究の拠点となる国立の機関として創設された「国立がん研究センター」の基礎研究部門。これまで、国内的及び国際的に、がん研究に携わる人材を数多く育成・輩出してきた。創設以来、最新の技術・アプローチを駆使した独創的・イノベーティブながん基礎研究を土台として、発がん機構の理解から新しい診断・治療法の開発までを一貫して強力に進めている。現在、日本でのゲノム医療体制の構築と希少がん・小児がん・難治がん対策に重点的に取り込むとともに、製薬企業やアカデミアとの連携による基礎と臨床の橋渡し研究を積極的に推進している。

オンライン書店で見る