絵でわかる宇宙地球科学

エデワカルウチュウチキュウカガク
  • 電子あり
絵でわかる宇宙地球科学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太陽系の誕生から系外惑星の探査まで、最新ホット・トピックが目白押し! いま急速に進展を遂げている宇宙と地球の新しい研究を、豊富な図版とともに一挙解説。天文学と地球惑星科学をつなぎ、宇宙における生命・人類の「立ち位置」まで俯瞰する。


太陽系の誕生から系外惑星の探査まで、最新ホット・トピックが目白押し!
いま急速に進展を遂げている宇宙と地球の新しい研究を、豊富な図版とともに一挙解説。天文学と地球惑星科学をつなぎ、宇宙における生命・人類の「立ち位置」まで俯瞰する。

目次

  • 第1章 現代の宇宙像
  • 第2章 太陽系を構成する天体1~太陽・惑星・準惑星~
  • 第3章 太陽系を構成する天体2~小惑星・彗星・外縁天体~
  • 第4章 太陽系を構成する天体3~衛星とリング~
  • 第5章 惑星の比較~比較惑星科学入門~
  • 第6章 星の進化と軽元素合成(鉄以下)
  • 第7章 星の進化と重元素合成(鉄以上)
  • 第8章 銀河化学進化と太陽組成
  • 第9章 太陽系の形成
  • 第10章 地球外物質と年代分析
  • 第11章 地球外物質から紐解く太陽系の歴史~太陽系年代学入門~
  • 第12章 地球の歴史
  • 第13章 月の科学
  • 第14章 太陽系外惑星の観測
  • 第15章 ドレイクの方程式と地球の将来

製品情報

製品名 絵でわかる宇宙地球科学
著者名 著:寺田 健太郎
発売日 2018年11月28日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-513360-6
判型 A5
ページ数 208ページ
シリーズ KS絵でわかるシリーズ

著者紹介

著:寺田 健太郎(テラダ ケンタロウ)

1966年生まれ。1989年大阪大学理学部卒業。1994年同大学大学院理学研究科(物理学専攻)修了。理学博士。広島大学助手、准教授、教授を経て、2012年より大阪大学大学院理学研究科教授。この間、パリ大学、オーストラリア国立大学、英国オープン大学、ミュンスター惑星学研究所にて遊学。平成23年度文部科学大臣表彰「科学技術賞研究部門」受賞。専門は宇宙地球化学、とくにアポロ月試料・はやぶさ試料などの同位体分析。宇宙地球科学の普及にも関心が深い。

オンライン書店で見る