今度こそわかる重力理論

コンドコソワカルジュウリョクリロン
  • 電子あり
今度こそわかる重力理論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

特殊相対論とテンソルの初歩から現代的展開まで、ズバリと解説! 曲がった時空の幾何、量子宇宙論、さらに最先端の一般相対論の拡張理論までを一気に展望する。重力理論入門の決定版。

目次

  • 第1章 特殊相対論とミンコフスキー時空
  • 第2章 曲がった座標系
  • 第3章 等価原理と赤方偏移
  • 第4章 曲率テンソル
  • 第5章 アインシュタイン方程式
  • 第6章 星の外部時空およびブラックホール
  • 第7章 重力波
  • 第8章 重力のテンソル場理論(非幾何学的発想)
  • 第9章 正準形式
  • 第10章 一様等方宇宙論・一様等方量子宇宙論
  • 第11章 量子論と実効理論
  • 第12章 スカラー・テンソル理論/修正重力理論
  • 第13章 有質量重力理論

製品情報

製品名 今度こそわかる重力理論
著者名 著:和田 純夫
発売日 2018年05月30日
価格 定価 : 本体3,600円(税別)
ISBN 978-4-06-511501-5
判型 A5
ページ数 336ページ
シリーズ 今度こそわかるシリーズ

著者紹介

著:和田 純夫(ワダ スミオ)

1949年生まれ。東京大学理学部物理学科卒業、同大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。理学博士。文部省奨励研究員、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所研究員、ボローニャ大学国立原子物理学研究所研究員を経て、東京大学大学院総合文化研究科専任講師を定年退職。現在、成蹊大学非常勤講師。著書に『量子力学が語る世界像』『プリンキピアを読む』『今度こそわかるファインマン経路積分』(いずれも講談社)、『単位がわかると物理がわかる』(共著、ベレ出版)、「物理講義のききどころ」シリーズ(岩波書店)、「ライブラリ物理学グラフィック講義」シリーズ(サイエンス社)など、訳書にR. A. サーウェイ『サーウェイ基礎物理学』(共訳、東京化学同人)、A. ウィテイカー『アインシュタインのパラドックス EPR問題とベルの定理』(岩波書店)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る