TRANSIT(トランジット)39号今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園で

トランジット39ゴウイマコソキューバネムレルカリブノラクエンデ
TRANSIT(トランジット)39号今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園で
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

革命から60年経ったカリブの国、キューバ。
アフリカとラテンが混ざり合う特異な文化を保ちながら、
人びとは時が止まったようなコロニアルな街なみで生活している。
ヴェールにつつまれた社会主義国、キューバの今を見つめる旅。


【現地取材】

・革命のゆくえ、みんなの幸せ
20年間キューバに通う写真家が、今のキューバの人びとを写し撮る。

・キューバ漂流、その源流へ。
3週間で全土を横断。キューバの歴史を辿るように島の東西を駆け抜けた旅。

・夢みるキューバ
若者たちの現実と夢、2つの視点が結ぶ彼らの未来を追いかける。

・なんでもない日々
名も知らない小さな街に暮らす人びとの、何気ない日常の一コマ。

・スウィート・ハバナ・デイズ
昼と夜を彷徨い出会った、静かでロマンティックな愛すべきハバナの光景。


【特集企画】

・キューバの一家が考えた、幸せってなんだ?
社会主義国キューバで暮らす人びとの生活事情を徹底解剖。
食べもの/仕事/住まい/健康/教育/犯罪/自由

・キューバを取りまく世界
長きにわたり敵対していたアメリカをはじめ、世界各国・各地域とのさまざまな関係を俯瞰。
ひとつの国としてのキューバをとらえる。
アメリカ/社会主義国/ラテンアメリカ諸国/アフリカ etc.

・キューバのニューウェーブ
MUSIC/ARCHITECTURE/LITERATURE/DANCE/FASHION

なぜ、キューバへ向かうのか? /巨匠と芸術/日常のたしなみ/民俗舞踊団/2010年、コムアイのキューバ旅/いまさら聞けない革命のこと ゲバラ、カストロ etc.


【付録】

・ハバナのトラベルガイド
キューバをこよなく愛するナビゲーターたちによる、食事処・宿・観光スポットのおすすめガイド。
ハバナを中心に全土をカバー。街歩き地図付き。


【連載】

・越境の民 vol.1 /佐藤健寿=写真 
・旅支度/谷尻 誠、柴 幸男、コムアイ
・制作旅行/穂村 弘

製品情報

製品名 TRANSIT(トランジット)39号今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園で
著者名 編:ユーフォリアファクトリー
発売日 2018年03月16日
価格 価格 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-509638-3
判型 A4変型
ページ数 194ページ
シリーズ 講談社 Mook(J)

著者紹介

編:ユーフォリアファクトリー(ユーフォリアファクトリー)

TRANSITとは?
世界のさまざまな風景や歴史、ファッション、食、音楽などの文化を、“旅”というフィルターを通して紹介する、大人のためのトラベル・カルチャー・マガジン。美しいビジュアルと土地の空気感をとらえた文章により新たな視点の旅を提案します

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス