世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?

ブルーバックス
セカイヲスクッタニホンノクスリカッキテキシンヤクハイカニシテウマレタノカ
  • 電子あり
世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

21世紀に入り、日本初の画期的新薬が続々と登場している。こうした新薬の開発に日本人科学者や日本企業が重要な役割を果たしている。免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」を開発した本庶佑・京大教授や、肺がん治療の「魔法の弾丸」といわれる分子標的薬「ザーコリ」の開発に貢献した間野博行・国立がんセンター理事などを取材し、新薬開発の舞台裏を詳細にレポートする。製薬業界や薬学部学生必読の一冊

第1章 画期的新薬を創った日本人科学者たち
第2章 世界を救った薬
・イベルメクチン
 3億人を失明から救った画期的新薬でノーベル賞(大村智)
・ファビピラビル
 新型インフルエンザとエボラ対策の「切り札」を開発(白木公康)
第3章 がんを薬で治す時代に
・ニボルマブ
 免疫治療に革命を生む免疫チェックポイント阻害薬(本庶 佑)
・クリゾチニブ
 肺がん治療の「魔法の弾丸」となる分子標的治療薬(間野 博行)
・トラメチニブ
 世界唯一のスクリーニング法で開発したMEK阻害薬(酒井 敏行)
・モガムリズマブ
 難病「成人T細胞白血病」の光明となる抗体医薬(上田 龍三)
第4章 生活習慣病を抑え込め
・カナグリフロジン
 腎臓を標的にした全く新しい糖尿病治療薬(野村 純宏)
・ジルチアゼム塩酸塩
 日本発ブロックバスターの先駆け(長尾 拓)
・カンデサルタンシレキセチル
 米国大手との熾烈な競争で誕生したヒット商品(仲 建彦)
第5章 ペプチド・ハンティングから薬へ
・ボセンタン スボレキサント
 ペプチド探索で創薬につながる新規物質を発見(柳沢 正史)
第6章 中枢神経に働きかける
・アリピプラゾール
 研究打ち切りの危機を乗り切り、全米処方薬トップ10に(大城 靖男・菊地 哲朗)
・ナルフラフィン塩酸塩
 夢の鎮痛薬の臨床試験失敗から誕生した痒み止め(長瀬 博)
第7章 難病もよくある病気も
・フィンゴリモド塩酸塩
 生薬「冬虫夏草」の成分を用いた多発性硬化症治療薬(藤多哲朗)
・タムスロシン塩酸塩
 産学連携が生んだ前立腺肥大症治療を変えた新薬(竹中登一)

目次

  • 第1章 画期的新薬を創った日本人科学者たち
  • 第2章 世界を救った薬
  • ・イベルメクチン 3億人を失明から救った画期的新薬でノーベル賞(大村智)
  • ・ファビピラビル 新型インフルエンザとエボラ対策の「切り札」を開発(白木公康)
  • 第3章 がんを薬で治す時代に
  • ・ニボルマブ 免疫治療に革命を生む免疫チェックポイント阻害薬(本庶 佑)
  • ・クリゾチニブ 肺がん治療の「魔法の弾丸」となる分子標的治療薬(間野 博行)
  • ・トラメチニブ 世界唯一のスクリーニング法で開発したMEK阻害薬(酒井 敏行)
  • ・モガムリズマブ 難病「成人T細胞白血病」の光明となる抗体医薬(上田 龍三)
  • 第4章 生活習慣病を抑え込め
  • ・カナグリフロジン 腎臓を標的にした全く新しい糖尿病治療薬(野村 純宏)
  • ・ジルチアゼム塩酸塩 日本発ブロックバスターの先駆け(長尾 拓)
  • ・カンデサルタンシレキセチル 米国大手との熾烈な競争で誕生したヒット商品(仲 建彦)
  • 第5章 ペプチド・ハンティングから薬へ
  • ・ボセンタン スボレキサント ペプチド探索で創薬につながる新規物質を発見(柳沢 正史)
  • 第6章 中枢神経に働きかける
  • ・アリピプラゾール 研究打ち切りの危機を乗り切り、全米処方薬トップ10に(大城 靖男・菊地 哲朗)
  • ・ナルフラフィン塩酸塩 夢の鎮痛薬の臨床試験失敗から誕生した痒み止め(長瀬 博
  • 第7章 難病もよくある病気も
  • ・フィンゴリモド塩酸塩 生薬「冬虫夏草」の成分を用いた多発性硬化症治療薬(藤多哲朗)
  • ・タムスロシン塩酸塩 産学連携が生んだ前立腺肥大症治療を変えた新薬(竹中登一)

製品情報

製品名 世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?
著者名 著:塚崎 朝子
発売日 2018年03月13日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-502050-0
判型 新書
シリーズ ブルーバックス
初出 本書は、『メディカル朝日』(朝日新聞出版発行)2014年7月号から2016年11月号に連載された「サムライたちのクスリPART2――ニッポン発の創薬を目指して」を一冊にまとめたものです。書籍化にあたり、最新情報を付け加えるなど内容をアップデートしています。

著者紹介

著:塚崎 朝子(ツカサキ アサコ)

ジャーナリスト。読売新聞記者を経て、医学・医療、科学・技術分野を中心に執筆多数。国際基督教大学教養学部理学科卒業、筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修士課程修了。専門は医療政策学、医療管理学。著書に『新薬に挑んだ日本人科学者たち』『慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳』(講談社)、『iPS細胞はいつ患者に届くのか』(岩波科学ライブラリー)などがある

オンライン書店で見る