E=mc2のからくり エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか

ブルーバックス
イーイコールエムシージジョウノカラクリエネルギートシツリョウハナゼヒトシイノカ
  • 電子あり
E=mc2のからくり エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この数式が、「世界」を変えた!
「世界一有名な数式」が解き明かす物理の神髄!

アインシュタインの独創によって、物理学に革命を起こした相対性理論。

「世界一有名な数式」は、どこがどうすごいのか?

マグカップを温めると重くなる?

速く走れば走るほど、体重が増える!?

質量と重さはどう違う?

光の速度はなぜ不変?

核兵器はなぜ、すさまじい威力を発揮する?

不確定性原理と協力して「無」から粒子を生み出す!?

真空に取り残された謎のエネルギーとは?

そして、今なお進化を続ける宇宙との深い関係とは?

――E=mc2が、すべてのカギを握っている!


【もくじ】

第1章 物理学のからくり――「自然現象を司る法則」の発見

第2章 エネルギーのからくり――物体に「変化」を生み出す源

第3章 力と場のからくり――真空を伝わる電磁力と重力のふしぎ

第4章 「人間が感知できない世界」のからくり――“秘められた物理法則”と光子のふしぎ

第5章 E=mc2のからくり――エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか

第6章 「真空のエネルギー」のからくり――E=mc2と「場のゆらぎ」のふしぎな関係

目次

  • 第1章 物理学のからくり――「自然現象を司る法則」の発見
  • 第2章 エネルギーのからくり――物体に「変化」を生み出す源
  • 第3章 力と場のからくり――真空を伝わる電磁力と重力のふしぎ
  • 第4章 「人間が感知できない世界」のからくり――“秘められた物理法則”と光子のふしぎ
  • 第5章 E=mc2のからくり――エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか
  • 第6章 「真空のエネルギー」のからくり――E=mc2と「場のゆらぎ」のふしぎな関係

製品情報

製品名 E=mc2のからくり エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか
著者名 著:山田 克哉
発売日 2018年02月15日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-502048-7
通巻番号 2048
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:山田 克哉(ヤマダ カツヤ)

山田克哉(やまだ・かつや)
1940年生まれ。東京電機大学工学部電子工学科卒業。米国テネシー大学工学部原子力工学科大学院修士課程(原子炉理論)、同大学理学部物理学科大学院博士課程(理論物理学)修了。Ph.D.。セントラル・アーカンソー大学物理学科助教授、カリフォルニア州立大学ドミンゲツヒル校物理学科助教授を経て、ロサンゼルス・ピアース大学物理学科教授に就任。2013年6月に退官。アメリカ物理学会会員。主な著書に『原子爆弾』『光と電気のからくり』『量子力学のからくり』『真空のからくり』『時空のからくり』(いずれも講談社ブルーバックス)などがある。「読者に必ず理解してもらう」意欲にあふれた熱い筆運びで、ブルーバックスを代表する人気著者の一人。1999年には、講談社科学出版賞を受賞した。

おすすめの本

オンライン書店で見る