なぎさの媚薬 分冊版 ねえさんの浴衣

ナギサノビヤク ブンサツバン ネエサンノユカタ
  • 電子のみ
なぎさの媚薬 分冊版 ねえさんの浴衣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「わたしを買ってくれませんか?」――透き通るように白い肌、吸い込まれそうに深い瞳、まるくやわらかな声。伝説の娼婦なぎさは、自分を本当に必要とする客の前だけに現れる。なぎさとの甘美な時間の合間に男が見るのは、あまりにもリアルな、青春時代の自分の夢。--造り酒屋の息子として育った圭。「家」の跡継ぎを望む一族の重圧に苦しむ兄嫁の文恵を、助けたい、と願うが、文恵は自らの命を絶った。それから二十四年後……。

製品情報

製品名 なぎさの媚薬 分冊版 ねえさんの浴衣
著者名 著:重松 清

著者紹介

著:重松 清(シゲマツ キヨシ)

1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年に『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。小説作品に『流星ワゴン』『愛妻日記』『カシオペアの丘で』『赤ヘル1975』など多数。

オンライン書店で見る