『罪の声』試し読み小冊子

「ツミノコエ」タメシヨミシヨウサツシ
編:講談社
  • 電子のみ
『罪の声』試し読み小冊子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第7回山田風太郎賞受賞、「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門で第1位となり、2017年本屋大賞にもノミネートされた塩田武士氏『罪の声』。プロローグ全文試し読み。モデルとなった「グリコ・森永事件」の解説。また『罪の声』の成立過程がわかるインタビュー記事などが収録されています。

目次

  • プロローグ
  • 【登場人物相関図】
  • 【実録】「グリコ・森永事件」とは何なのか
  • グリ森事件の「真犯人」を追い続けた作家が辿り着いた、ひとつの「答え」

製品情報

製品名 『罪の声』試し読み小冊子
著者名 編:講談社

著者紹介

編:講談社(コウダンシヤ)

1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。新聞社勤務後、2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。他の著書に、『女神のタクト』『ともにがんばりましょう』『崩壊』『盤上に散る』『雪の香り』『氷の仮面』『拳に聞け!』がある。
本書『罪の声』にて、第7回山田風太郎賞受賞、「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門で第1位となり、2017年本屋大賞にノミネートされた。

オンライン書店で見る