超合本 親鸞 第一部・激動篇・完結篇(仮)

イツキヒロユキノベリスクチョウガッポンシンランダイイチブゲキドウヘンカンケツヘン
  • 電子のみ
超合本 親鸞 第一部・激動篇・完結篇(仮)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【第一部】動乱の京都。親鸞は9歳で出家し、3年後に比叡山に入山した。が、長い修業ののち下山を決意し、法然の門下となる。数年後に師に認められ、「撰択本願念仏集」の書写を許されるが、貴族社会を巻き込んだ師の教えは、念仏禁制の裁きを受ける。法然は四国へ、親鸞は越後へ流罪に。ライバル・黒面法師との対決や、のちに結ばれる恵信との恋愛、河原で出会った無頼の者たちとの交わりなど、若き日の親鸞を描いた青春群像劇。


【第一部】動乱の京都で、下級官人の日野家に生まれた忠範は、伯父の家に引き取られて幼少期をすごす。鴨の河原では、河原房浄寛、法螺房弁才ら下々の者たちと交わる。九歳にして、慈円阿闍梨のもと白川房に入室、三年後には比叡山の横川に入山し、範宴と名乗って修行に励む。十年が過ぎる。慈円の指示で範宴は吉水へ向かい、法然上人の説法に接する。またそこで紫野という女性と会い、二人の人物との運命の出会いを果たす。さらに十年の修業ののち、範宴はついに山を降りることを決意、法然の門下となり綽空と名乗る。新たな生活のなかで、恵心と名を変えた紫野と再会し妻に迎える。それから数年にして、「選択本願念仏集」の書写を許されるまでに法然に認められ、善信の名をもらう。だが、貴族社会をも巻きこんだ法然の教えは、やがて念仏禁制の裁きを受け、師は土佐へ、善信は越後へ追放となる。恵信の故郷の地へ。出発に先立ち親鸞と名を改め、恵信をともない旅立った。

製品情報

製品名 超合本 親鸞 第一部・激動篇・完結篇(仮)
著者名 著:五木寛之

オンライン書店で見る