人生の目的

イツキヒロユキノベリスクジンセイノモクテキ
  • 電子のみ
人生の目的
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人生の目的は、「自分の人生の目的」をさがすことである。自分ひとりの目的、世界中の誰ともちがう自分だけの「生きる意味」を見出すことである。(本文より)──冒頭の、1977年に東京の団地で起きた、父親と小学生二人の心中事件に対する思いに始まり、肉親や金銭、信仰、絆などの話を経て、著者は「出会うためには、生きなければならない」という考えに到達する。「他力」の思想にも通じる、人生を見つめ直すための書。

目次

  • なぜいま人生の目的か
  •  胸につきささる事件のこと
  •  あたりが暗くなってきたという感覚
  •  なぜ自殺者が劇的に急増したか
  •  雨にも負け、風にも負け、それでも生きつづける
  •  人生に目的はあるのか
  •  人間とは不自由な存在である
  •  才能が開花するのも運命ではないか
  • 肉親について
  •  絆は人間にとって厄介なものか
  •  これからは手に職をつけるのがいちばんだ
  •  若さは常に残酷で身勝手なものである
  •  肉親の消滅を願う自分の浅ましさ
  •  世間の絆から解放される道
  • 金銭について
  •  五十一円から八十円への人生
  •  ふたたび〈貧乏〉の時代がやってくる
  •  金のために身を屈する人間は金を憎む
  •  どこまでも人間でいたいから金を浪費する心理
  •  つよく夢みれば実現するか
  • 信仰について
  •  自己に自信をもつということ
  •  日本人の罪の意識は深く長い
  •  性のタブーを超えて
  •  仏の教えは誰のためにあるのか
  •  すべての人間にできること
  • わが人生の絆
  •  こころの絆
  •  セイタカアワダチ草の眺め
  •  大和に咲く異邦人の運命
  •  小学校の教師だった父と母
  •  郷里を離れ、野心にみちて朝鮮半島へ
  •  坂の上の雲をめざして
  •  満州の丘に立ちて
  •  地平線に沈む夕日
  •  敗戦で崩れ去った父の野心
  •  内地での生活
  •  深いため息をつく父
  •  坂道をくだってゆくとき
  •  親が子に伝える大事な遺産
  •  学校の絆
  •  転校生という烙印を背負って
  •  肉体的な記憶という学習
  •  新しいデモクラシーの旗印のもとに
  •  男性中心の教育のなかで
  •  二度目の、坂の上の雲をめざして
  • あとがきにかえて

製品情報

製品名 人生の目的
著者名 著:五木寛之

おすすめの本

オンライン書店で見る