いまを生きるちから

イツキヒロユキノベリスクイマヲイキルチカラ
  • 電子のみ
いまを生きるちから
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

年間の自殺者が3万人にも及ぶ今日の日本。著者はそれを、命の重さが失われカラカラに乾ききった社会のせいだと捉える。では、その渇きを潤す「水」にあたるものは何か。それは、喜びや希望や生きがいといった前向きのメッセージだけでなく、無言で相手の痛みを感じ深いため息をつく「悲」の感情ではないかと説く。長年抱き続けてきた自然への考え方、神や仏への感受性など、「日本人の持っているちから」に希望を見出した名著。

目次

  • 第一章 日本人の忘れもの
  •  こころの戦争
  •  いのちの軽い時代
  •  湿式から乾式へ
  •  他
  • 第二章 悲しむことで耐えるこころ
  •  悲しみのさなかでうたった歌
  •  悲しんでいる人には悲しい歌を
  •  〈悲泣せよ〉といった親鸞
  •  他
  • 第三章 励ましから慰めへ
  •  泣かなくなった日本人
  •  〈慈〉の精神
  •  励ましの〈慈〉と慰めの〈悲〉
  •  他
  • 第四章 日本人の宗教感覚
  •  日本に根ざす信仰心
  •  見えざる大きなものへの畏怖
  •  「私は何者なのか」
  •  他
  • 第五章 不安と混乱の先に
  •  現代人は不安の時代を生きている
  •  不安は新しい希望への母
  •  不安はちからなり、友として生きていく
  •  宗教と民族の共存していく時代
  •  他
  • 第六章 「隠れ」と「逃散」
  •  隠れ念仏の里
  •  命がけで守った信仰
  •  知られざる庶民の歴史
  •  名もなき人びとのひそかな抵抗
  •  他
  • 第七章 都市に生きる信仰心
  •  「御堂筋」の由来
  •  宗教都市、大阪
  •  「寺内町」から「城下町」へ
  •  他
  • 第八章 「お陰さま」と「ご縁」
  •  「儲かりまっか」「お陰さんで」
  •  すべてのいのちを尊ぶこころの豊かさを
  •  人間中心主義から生命中心主義へ
  •  「縁なき衆生」こそ大事
  •  他
  • 第九章 抒情と感傷の意味
  •  「感傷的」ではいけないのか
  •  小野十三郎さんの思い出
  •  他
  • 第十章 青い鳥のゆくえ
  •  「青い鳥」は幸福の象徴なのか?
  •  『青い鳥』の意外な結末
  •  メーテルリンクが差し出す大きな謎
  •  つかむことができなかった「坂の上の雲」
  •  他
  • 第十一章 寛容と共生の世紀へ
  •  信仰が混在した日本人の宗教生活習慣
  •  「シンクレティズム」の可能性
  •  「アニミズム」には二十一世紀の新しい思想の可能性が
  •  他
  • 【スペシャル・インタビュー】
  • ぜいたくは「生きること」の中にこそある
  •  思わず「ありがたい」とつぶやくとき
  •  聖地でエネルギーを感じる喜び
  •  正しい呼吸をしたときの爽快感
  •  他

製品情報

製品名 いまを生きるちから
著者名 著:五木寛之

おすすめの本

オンライン書店で見る