硫黄島指揮官がいま私たちに問いかける、「忘れられていた日本人という生き方」 栗林忠道からの手紙

クリバヤシタダミチカラノテガミイオウジマシキカンガイマワタシタチニトイカケルワスレラレテイタニホンジントイウイキカタ
硫黄島指揮官がいま私たちに問いかける、「忘れられていた日本人という生き方」 栗林忠道からの手紙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

映画『硫黄島からの手紙』が話題となり、アカデミー賞にもノミネートされ、
出版物でも『散るぞ悲しき』などのヒットに象徴されるように、
『栗林忠道』ブームは依然として続いています。
今般、今まで、全く紹介されていない新たな『遺品』『ウィスキー(ジョニ赤)映画の中でも飲んでいました。』『手紙』『日記』『ノート』などが多数発見され、
新たなる『栗林忠道』像に触れることが可能です。
ご遺族の許可を得た上での本邦初公開となり、幼少期から成人になるまでのいろいろな姿が垣間見られます。
また、DVD(約30分)も付いており、『白洲次郎 占領を背負った男』の著者 北康利氏による
『栗林の生家ルポと栗林家現当主インタビュー』などが収録されています。

内容の一部
●太平洋戦争 最大の死闘 『硫黄島の戦いを指揮した男』
●戦果で米軍を上回った唯一の戦い 『硫黄島 戦闘史』
●『栗林忠道 その生涯』 1.幼少~長野中学校時代 2.陸士~中将時代
●インタビュー
・渡辺謙 『栗林忠道を語る』
・アイリス・ヤマシタ(映画「硫黄島からの手紙」の脚本 ) 『硫黄島には“人間”がいた』
・栗林家現当主 栗林直高『100年を経て蘇った大叔父の少年時代』
・忠道の甥 『いつも優しい笑顔をしていた叔父』
・栗林に仕えた元軍属 『お慕い申し上げた栗林閣下』
・忠道の孫(衆議院議員=新藤義孝氏) 『我が祖父 栗林忠道の教え』
●『100年のときを経て蘇る忠道の記録』
・ノート・日記・手紙などに見る『画才と文才』
・学習ノートなどに見る『几帳面さと勤勉さ』
・家族へ向けた深い情愛
・アメリカから送られた『絵はがき』一覧
・昭和史の専門家が新史料を徹底分析 半藤一利・保阪正康・加藤陽子・福田和也氏

製品情報

製品名 硫黄島指揮官がいま私たちに問いかける、「忘れられていた日本人という生き方」 栗林忠道からの手紙
著者名 編:週刊現代編集部
発売日 2007年08月01日
価格 価格 : 本体1,429円(税別)
ISBN 978-4-06-378857-0
判型 B5
ページ数 152ページ
シリーズ 講談社 MOOK

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス