病に好かれる人 病に嫌われる人 健康寿命は「習慣」でのばす

講談社の実用書
ヤマイニスカレルヒトヤマイニキラワレルヒトケンコウジュミョウハシュウカンデノバス
  • 電子あり
病に好かれる人 病に嫌われる人 健康寿命は「習慣」でのばす
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

病気になる要因は「遺伝が25% 生活環境75%」。

「病気になる人」と「病になりにくい人」には、人生の様々な場面において決定的な行動の違いがいくつかあります。
医師である著者は「あの日、あの時、ああしておけば!」と、最期に後悔してきた患者をこれまで数多くみてきました。健康寿命の長い人たちがとっている行動とは? 一生単位、一年単位、一日単位でのさまざまな健康行動について語ります。
自分のかけがえのない健康を「運」任せにしてはいけません。大切なのは「行動」です。その行動があなたの「健康寿命」を伸ばすのです。

目次

  • 第1章 不調を感じたときの3つの分かれ道
  • 第2章 病気になってしまったときの7つの分かれ道
  • 第3章 生活習慣の分かれ道
  • 毎日の習慣に! 病に嫌われる1分体操
  • 思考パターンの分かれ道

製品情報

製品名 病に好かれる人 病に嫌われる人 健康寿命は「習慣」でのばす
著者名 著:小林 弘幸
発売日 2018年03月16日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-299890-1
判型 四六
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社の実用BOOK

著者紹介

著:小林 弘幸(コバヤシ ヒロユキ)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。
自律神経研究の第一者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導に携わる。また日本で初めて便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」でもあり、現在、便秘外来の初診は8年待ち。
著書に『なぜ、これは健康にいいのか?』『マンガで読む自律神経の整え方』『自律神経を整える「あきらめる」健康法』『朝だけ腸活ダイエット』など、数々のベストセラーを出す。

オンライン書店で見る