江戸おかず 12ヵ月のレシピ 季節を味わい体が喜ぶ

講談社のお料理BOOK
キセツヲアジワイカラダガヨロコブエドオカズジュウニカゲツノレシピ
  • 電子あり
江戸おかず 12ヵ月のレシピ 季節を味わい体が喜ぶ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

冷蔵庫がない → 旬の素材と保存食
燃料費が高い → 調理に時間をかけない
油を使わない → 切る、焼く、煮るのシンプルヘルシー調理法
肉がない → 魚介と野菜中心
と、江戸時代の料理には時短、健康、経済的な知恵が満載。しかも、そこらのワイドショーでやっている時短手抜き料理とは一線を画す「季節を感じ、素朴な日本古来の調味料で素材の味を楽しむ」心の豊かさも付いてくるということで、良いことずくめ。
ミスユニバースの公式栄養コンサルタント、エリカ・アンギャル氏も「伝統的な和食こそ理想のダイエット食である」と言っていますし、「和食」が無形文化遺産にも選ばれ世界から注目が集まっているうえ、地震や災害などで燃料が使えない時に料理を作る知恵も身に付き、「今」という時代にむしろ「江戸料理」は一家に一冊必要な料理書とすら言えるのかも。

目次

  • はじめに
  • 江戸おかずとは? なぜ今江戸おかず? 
  • 目次 
  • 睦月のおかず ●名取り雑煮、江戸時代のおせち、赤貝と分葱の酢和え 他
  • 如月のおかず ●渡り蟹鍋煮 芹の浸し物、ふろふき大根、きんぴら 他
  • 弥生のおかず ●豆腐田楽、菜飯、深川飯、鯛のとろろ汁、春の雪 他
  • 卯月のおかず ●筍飯、筍のつけ焼き、筍の姫皮梅和え ひじき白和え 他
  • 皐月のおかず ●鯵のたたき、豆腐粥、烏賊かぴたん和え、焼き天豆 他
  • 水無月のおかず●鰹山かけ、瓜の味噌漬け、谷中生姜の甘酢漬け 他
  • 文月のおかず ●百味加薬漬、鰻饅頭、枝豆の味噌煮、削り蒲鉾 他
  • 葉月のおかず ●玉子貝焼き、鮑腸和え、鮎田楽、梅が香 他
  • 長月のおかず ●蛸酢、駿河煮、桜煎り、煮ころばし、蕪蒸し 他
  • 神無月のおかず●舞茸と三つ葉の胡麻和え、蝋焼き海老、なんきん粥 他
  • 霜月のおかず ●牡蠣の松前焼き、牡蠣の胡椒煮、牡蠣飯 他
  • 師走のおかず ●鴨鍋、納豆汁、菊花蕪の甘酢漬け 他
  • 料理名索引
  • 材料索引
  • 終わりに

製品情報

製品名 江戸おかず 12ヵ月のレシピ 季節を味わい体が喜ぶ
著者名 著:車 浮代
発売日 2014年07月16日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-299615-0
判型 A5
ページ数 96ページ
シリーズ 講談社のお料理BOOK

著者紹介

著:車 浮代(クルマ ウキヨ)

時代小説家。江戸文化、特に江戸料理と浮世絵に造詣が深い。国際浮世絵学会・日本ペンクラブ会員。著作に『蔦重の教え』(飛鳥新社)、『“さ・し・す・せ・そ”で作る<江戸風>小鉢&おつまみレシピ』(PHP研究所)、監修に『体験!子ども寄席』(偕成社)全5巻がある。ビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」にて、「旬を楽しみ、身体が喜ぶ江戸料理」
を隔週連載中。
http://kurumaukiyo.com

オンライン書店で見る