誰か来る日のための素敵な盛りつけはセンスよりコツ

講談社のお料理BOOK
ダレカクルヒノタメノステキナモリツケハセンスヨリコツ
著・絵:中村 美穂
  • 電子あり
誰か来る日のための素敵な盛りつけはセンスよりコツ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

料理はできても、盛りつけはセンスがないから……とあきらめていませんか? サラダは土台を作って、山高に。葉の色は薄いものから順番に……などちょっとしたコツで、いつもの料理が「素敵!」といわれるひと皿に。気軽なおもてなしは、がんばらずにいつもの料理で。イラストレーターならではの、味だけなく色にもこだわったすぐに真似できるコツが満載です。


料理は習って覚えても、盛りつけはセンスの問題だから、私は不器用だから……とあきらめてしまう人もいるようです。
でも、ちょっとしたヒントでもりつけが簡単、おしゃれになるのです。葉ものを薄い色から順に盛りつけて、濃い色をアクセントに添えていく、簡単だけどなるほど! と思えるコツ。イラストレーターならではの、色の配分、バランスの取り方、これさえ覚えておけば、というコツ満載。
しかも、集まりでお料理の盛りつけで印象に残るのは、最初と最後のお皿。だから前菜とデザートさえ、ちょっとおしゃれにできれば、すてきなおもてなしだったわね、と印象に残ること間違いなしだから、がんばるのこの2つのお皿。あとは間のパスタをおさえれば、目にもおなかにも素敵なもてなしが完成します

目次

  • PART1 サラダ・前菜のもりつけ
  • 【山高に盛る】  グリーンサラダ、カプレーゼサラダ……
  • 【平らな盛りつけにも「立体感」を出す】 真鯛とオレンジのカルパッチョ、グリル野菜のバーニャカウダ風……
  • 【スプーンにのせる】 いわしとトマトのオードブル……
  • 【パンにのせる】 カプレーゼ風タルティーヌ、かきのブルスケッタ……
  • 【ココットに盛る】 下仁田ねぎとカマンベールグラタン……
  • 【ガラスの器に盛る】 紫キャベツとぶどうのコールスロー……
  • PART2 パスタの盛りつけ
  • 【山高に盛る】 なすとポーチドエッグのボロネーゼ、トマトとモッツァレラチーズのパスタ、えびとブロッコリーのジェノベーゼ……
  • PART3 スイーツの盛りつけ
  • 【すくって盛るだけ】 トライフルショートケーキ……
  • 【カットの仕方で表情を変える】 ベイクドチーズケーキ……
  • 【フルーツやアイスクリームを添えてガーリーに】 いちごとバナナのクレープ
  • PART4 ワンプレートの盛りつけ
  • 春のお花見ごはん
  • 初夏のピクニックランチ
  • ボジョレーを楽しみながら
  • クリスマスのおもてなし
  • お正月を祝う
  • おもてなしのテーブルを印象づける「スープ」使い

製品情報

製品名 誰か来る日のための素敵な盛りつけはセンスよりコツ
著者名 著・絵:中村 美穂
発売日 2012年11月30日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-299580-1
判型 B5
ページ数 80ページ
シリーズ 講談社のお料理BOOK

著者紹介

著・絵:中村 美穂(ナカムラ ミホ)

イラストレーター、料理教室主宰。1971年生まれ。以前実家でレストランを開いていたことがあり、そのころより「レストランの味をご家庭で」をモットーに教室を開く。現在はレストランをクローズし、サロン形式で母親とともに料理教室を開いている。簡単でおいしい料理とテーブルコーディネートが評判で、遠方から生徒さんがやってくるほどに。またイラストレーターとしては雑誌や広告などで幅広く活躍中。

オンライン書店で見る