桜と富士と星の迷宮

講談社ノベルス
サクラトフジトホシノメイキュウ
  • 電子あり
桜と富士と星の迷宮
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

風光明媚な「日本桜富士館」で催される、富士と桜を愛でる会。ひとりずつ旅に出なければならないというルールに従ったメンバーは皆、日本桜富士館に還ってくる直前で不可能殺人の犠牲になってしまう。「無傷」なのに死ぬ者、自在に飛び回る「天狗」に襲われる者・・・・・・。メンバーが愛する日本の美そのものの光景が反転解体した時、誰も予想できないアーティスティックな真相が出現する! やりすぎ凝りすぎ倉阪ミステリー、最高潮! これぞ驚異のトラップアート・ミステリー!

目次

  • ○レベル1 桜と富士がよく見える星の美しい町で
  • 間奏A
  • ○レベル2 翼を広げた天狗が笑う、ある星の降る夜に
  • 間奏B
  • ○レベル3 旅人が帰還した夜、空では彗星が流れる
  • 間奏C
  • ○レベル4 旅人は死んでいく──村川美星も、次の犠牲者も
  • 間奏D
  • ○レベル5 最後の旅人は浄土へ向かう、星が降りしきる夜に
  • 間奏E
  • ○レベル6 まずは舞台と第一の旅人の謎が解かれる
  • 間奏F
  • ○レベル7 残りの旅人の謎が解かれる
  • ○レベル8 特権性が次々に剥奪され、「動き」の波が世界を覆っていく
  • ○レベル9 最後の地雷が爆発し、世界はデモーニッシュな波に覆われる
  • 間奏G
  • ○レベル10 だれもいない館を取り巻く謎の霧が晴れる
  • ○エピローグ そして、最後にドミノ牌が倒れる

製品情報

製品名 桜と富士と星の迷宮
著者名 著:倉阪 鬼一郎
発売日 2016年01月07日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-299062-2
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:倉阪 鬼一郎(クラサカ キイチロウ)

1960年三重県伊賀市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。
1987年、短編集『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。1998年に『赤い額縁』を刊行後、ミステリーとホラーを中心に多彩な作品を精力的に発表。
2010年『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』で第3回世界バカミス☆アワードを受賞。
『四重奏』『四神金赤館銀青館不可能殺人』『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』も年末の本格ミステリー系のムックにランクイン。
『十三の黒い椅子』『新世界崩壊』『不可能楽園<蒼色館>』『八王子七色面妖館密室不可能殺人』なども高く評価されている。

オンライン書店で見る