星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚

講談社ノベルス
ホシゾラヲネガッタオオカミノクスリヤタンテイカイキタン
星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

事件は突然訪れる――。
「深山木薬店」の店主・秋が何者かによってさらわれた。
もぬけの殻となった部屋に残されていたのは、不可思議な一枚のメモ。
『鵺は始まり。十六時間が区切り、災厄は一つ。四つ数えるまでに、交換だ』
脅迫文とも思われるこのメッセージが示唆するものとは? 
そしてリベザルは、秋の行方を掴むことができるのか!?

目次

  • 第一章 表通り、裏通り
  • 第二章 真実の氷
  • 第三章 霧の中の嘘
  • 第四章 秋の春風
  • 第五章 終わりは小夜の時
  • エピローグ
  • あとがき

製品情報

製品名 星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2015年07月07日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-299052-3
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:高里 椎奈(タカサト シイナ)

1976年12月27日生まれ、A型。
『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス