無貌伝 ~奪われた顔~

講談社ノベルス
ムボウデンウバワレタカオ
  • 電子あり
無貌伝 ~奪われた顔~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

探偵・秋津は、封印された真実を語り始める。
秋津と助手の相原が、人の顔を奪う怪盗・無貌を追った日々――。
それはいずれ破滅へと至る彼らの、かりそめの幸福の時間。
秋津は無貌との因縁に決着をつける覚悟をし、
愛する妻のもとを去り、孤独な戦いに身を投じる。
相原は過去と決別し、大蛇と呼ばれる殺人鬼と対峙することで、
数多の顔を持つ怪盗の手がかりを得ようとする。
すべての仮面を脱ぎ捨てた無貌の正体に、二人は何を見る……!?

目次

  •  序
  •  プロローグ
  • 第一章 二人
  • 第二章 三人
  • 第三章 一人と、二人
  • 第四章 二人と、二人
  • 第五章 一人と、一人
  • 第六章 無貌
  • 終 章 奪われた顔
  •  エピローグ

製品情報

製品名 無貌伝 ~奪われた顔~
著者名 著:望月 守宮
発売日 2014年10月08日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-299023-3
判型 新書
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:望月 守宮(モチヅキ ヤモリ)

第四十回メフィスト賞を『無貌伝 ~双児の子ら~』で受賞。同シリーズに『無貌伝 ~夢境ホテルの午睡~』、『無貌伝 ~人形姫(ガラテア)の産声~』『無貌伝 ~綺譚会の惨劇~』『無貌伝 ~探偵の証~』がある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る