世界を変えたアメリカ大統領の演説

セカイヲカエタアメリカダイトウリョウノエンゼツ
  • 電子あり
世界を変えたアメリカ大統領の演説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 名演説を数多く残してきたアメリカの歴代大統領。その言葉には世界の情勢を動かしたり、人の心を揺り動かしたりすような力強さがみなぎっています。
 本書ではリンカーンによる「ゲティスバーグの演説」に始まり、オバマの「広島演説」までの名演説を取り上げ、1冊にまとめました。今まであまり注目されていなかったものの、歴史的に重要な演説も取り上げます。さらに、日米両首脳による真珠湾慰霊の際の言葉も、そしてトランプ新大統領の就任演説も一部掲載!
 それぞれの演説に対して詳しい背景を解説し、英語原文とその日本語訳を対訳形式で掲載します。生声も一部収録したスピーチの音声はダウンロードできるようにしました。
 歴代アメリカ大統領の演説を知ることで、アメリカの歴史、ひいては世界がたどってきた歴史も振り返ることができます。たとえば、アメリカは長らく他国に対して「不干渉主義」を貫いていましたが、これは初代大統領ワシントンが打ち出し、第5代モンローによって確立されたものでした。その国家方針を大転換し、アメリカが建国以来初めて全面戦争に参戦することになったのは1917年のこと。参戦するにあたり、議会に承認を得るために行われたのがウィルソン大統領による演説です。
 このように、世界情勢と密接につながっているアメリカの歴史。今後の世界情勢を読み解くうえでも参考となる一冊です。

目次

  • <目次>
  • 1章: エイブラハム・リンカン「ゲティスバーグ演説」
  • 2章: エイブラハム・リンカン「第2期就任演説」
  • 3章: ウッドロー・ウィルソン「世界は民主主義にとり安全でなければいけない」
  • 4章: ウッドロー・ウィルソン「14か条の平和原則」
  • 5章: フランクリン・D・ルーズヴェルト「第1期就任演説」「炉辺談話」
  • 6章: フランクリン・D・ルーズヴェルト「屈辱演説」
  • 7章: ハリー・トルーマン「広島への原爆投下演説」「ポツダム会談について」
  • 8章: ドワイト・D・アイゼンハワー「離任演説:軍産複合体」
  • 9章: ジョン・F・ケネディ「就任演説」
  • 10章: ジョン・F・ケネディ「月に行くことを決めた」
  • 11章: ジョン・F・ケネディ「私はベルリン市民のひとりです」
  • 12章: ロナルド・レーガン「チャレンジャー号の悲劇」
  • 13章: ロナルド・レーガン「ゴルバチョフさん、この壁を壊しなさい!」
  • 14章: ジョージ・H・ブッシュ「真珠湾融和演説」
  • 15章: バラク・オバマ「プラハ演説」
  • 16章: バラク・オバマ「広島演説」
  • 17章: バラク・オバマ「真珠湾演説」
  • 特別付録: 第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプ就任演説

製品情報

製品名 世界を変えたアメリカ大統領の演説
著者名 著:井上 泰浩
発売日 2017年03月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-295261-3
判型 A5
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社パワー・イングリッシュ

著者紹介

著:井上 泰浩(イノウエ ヤスヒロ)

山口県生まれ。広島市立大学国際学部・大学院教授。情報通信学会評議員。同志社大学卒業、ミシガン州立大学大学院博士課程修了。毎日新聞社、読売新聞社を経て、現職。ハワイ大学マノア校客員研究員も務めた。研究テーマは、広島原爆投下の報道や意識形成の国際比較調査、パブリック・ディプロマシーにおけるグローバルメディアの役割など。著書に『メディア・リテラシー 媒体と情報の構造学』(日本評論社)など、訳書に『アメリカの陰謀とヘンリー・キッシンジャー』(ヒッチンス著、集英社)がある。

オンライン書店で見る