成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか 一枚の写真が企業の運命を決める

セイコウスルカイシャハナゼシャシンヲダイジニスルノカイチマイノシャシンガキギョウノウンメイヲキメル
成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか 一枚の写真が企業の運命を決める
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ジョブズの世界制覇、サムスンの躍進、トヨタの復活……
秘密はすべて「ビジュアルという武器」にあった!

今や、「優れたモノやサービスを作って広告を打てば売れる時代」は完全に終わった。この時代、ビジネスの勝利の方程式は「まずインパクトのある写真や動画で人を大きく引き寄せ、それから言葉で魅力を伝える」になっている。
それが、アップル、サムスン、BMW、コカ・コーラ、シェル、イケア、バーバリーなど、世界中の「勝つ会社」が行く王道だ。なのに、多くの日本企業は、この「ビジュアルを戦略の中心に据える」という流れから大きく立ち遅れている。
たった1枚の写真でも、視覚イメージの力で成功できる時代だ。そのための、「写真と動画の力で“出る杭”になって生き残る」戦略を、トヨタやアシックス、サイバーエージェントといった日本の成功例を含め、多くの実例を挙げながらわかりやすく説明していく。また、主に本書の後半では、質・量ともに最高レベルの写真と動画を保有し、世界のビジュアル戦略のカギを握るデジタルメディアカンパニー「ゲッティ イメージズ」社のビジネスと戦略を詳しく紹介する。
「群れから抜け出して市場を制したい」と願う会社とビジネスパーソンにとって、珠玉のアドバイスが満載の一冊。

目次

  • はじめに ビジュアル戦略を持つ者しかグローバル企業になれない
  • 第1章 写真を「添え物」にする日本企業と「武器」にする勝ち組企業
  • 第2章 ビジュアル素材なしに企業のブランディングはありえない
  • 第3章 躍進企業が明かす「成功するビジュアルの掟」
  • 第4章 日本でもイメージ戦略は始まっている ~トヨタとサイバーエージェントの大胆な仕掛け
  • 第5章 勝利の秘訣は「広く、深く、早く」
  • おわりに 出る杭が伸びていく時代が始まった

製品情報

製品名 成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか 一枚の写真が企業の運命を決める
著者名 著:大谷 和利
発売日 2012年12月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-295202-6
判型 四六
ページ数 224ページ

著者紹介

著:大谷 和利(オオタニ カズトシ)

1958年東京都生まれ。テクノロジー・ジャーナリスト、グッドデザインパートナーショップ「アシスト・オン」創立メンバー兼取締役。
スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツらへのインタビューを含む取材、執筆の他、企業のデザイン部門の取材や、製品企画のコンサルティングなどを行う。「AERA」「DIME」「日経コンピュータ」「Mac Fan」「アクシス」「Product Design World」などの媒体に数多く寄稿。
著書に「アップルの未来 ポスト・ジョブズ時代に革新的な製品は現れるのか!?」(アスキー新書)、「スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think defferent. なぜ彼らは成功したのか?」(マイナビ)、「電子書籍制作ガイドブック プロフェッショナルのための最新ノウハウのすべて」(インプレスジャパン)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス