エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ

講談社タイガ
エチュードハルイチバンダイニキョクミカヅキノボレロ
  • 電子あり
エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

パピヨンの姿をした八百万の神・モノクロと暮らして四ヵ月。祖母の家に帰省した美綾は、自身の才能や適性が見出せず、焦燥感を抱いていた。東京へ戻る直前、美綾は神官の娘・門宮弓月の誘いで夜の氷川神社を訪れ、境内で光る蛇のビジョンを見る。それは神気だとモノクロは言う。美綾を「能力者」と認識した「視える」男,
飛葉周は彼女につきまとい、仲間になるよう迫る。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 夏の夜の誘い
  • 第二章 弓月が見るもの
  • 第三章 古層の神々
  • 第四章 美綾が見るもの

製品情報

製品名 エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ
著者名 著:荻原 規子
発売日 2016年07月20日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-294041-2
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:荻原 規子(オギワラ ノリコ)

東京都生まれ。早稲田大学卒業後、1988年に『空色勾玉』でデビュー。『白鳥異伝』『薄紅天女』を加えた「勾玉三部作」はロングセラーとなり、日本のファンタジーの新しい扉を開いた。ほかの著書に『風神秘抄』「西の善き魔女」シリーズ『これは王国のかぎ』「RDGレッドデータガール」シリーズなど多数。

おすすめの本

オンライン書店で見る