風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?

講談社タイガ
カゼハセイカイヲワタルノカザウィンドアクロスキンハイレイク
  • 電子あり
風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 聖地。チベット・ナクチュ特区にある神殿の地下、長い眠りについていた試料の収められた遺跡は、まさに人類の聖地だった。
 ハギリはヴォッシュらと、調査のためその峻厳な地を再訪する。ウォーカロン・メーカHIXの研究員に招かれた帰り、トラブルに足止めされたハギリは、聖地以外の遺跡の存在を知らされる。 
 小さな気づきがもたらす未来。知性が掬い上げる奇跡の物語。

目次

  • プロローグ
  • 第1章 月下の人々 Sublunary people
  • 第2章 月下の営み Sublunary working
  • 第3章 月下の理智 Sublunary intellect
  • 第4章 月下の眠り Sublunary sleep
  • エピローグ

製品情報

製品名 風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?
著者名 著:森 博嗣
発売日 2016年06月21日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-294036-8
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社タイガ

オンライン書店で見る