大正箱娘 見習い記者と謎解き姫

講談社タイガ
タイショウハコムスメミナライキシャトナゾトキヒメ
  • 電子あり
大正箱娘 見習い記者と謎解き姫
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。


人と夢幻が共存した最後の時代。一人の少女が謎の詰まった箱を開く。

新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。
呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。
「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」
謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。

目次

  • 第一話 箱娘
  • 第二話 今際女優
  • 第三話 放蕩子爵
  • 第四話 悪食警部

製品情報

製品名 大正箱娘 見習い記者と謎解き姫
著者名 著:紅玉 いづき
発売日 2016年03月17日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-294022-1
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:紅玉 いづき(コウギョク イヅキ)

【紅玉いづき(こうぎょく・いづき)】
石川県出身。金沢大学文学部卒業。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞しデビュー。ライトノベルに留まらず、児童書、一般文芸書でも精力的に作品を発表。繊細な人物造形、巧みなストーリーテリングで、活躍が期待されている。著作に『ガーデン・ロスト』(メディアワークス文庫)、「サエズリ図書館のワルツさん」シリーズ、(星海社FICTIONS)、「ようこそ、古城ホテルへ」シリーズ(角川つばさ文庫)、近著に『現代詩人探偵』(東京創元社)などがある。

オンライン書店で見る