玩具都市弁護士

講談社タイガ
トイシティロイヤーズ
  • 電子あり
玩具都市弁護士
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

知能と感情を持つ玩具が生み出され四十年。
人に捨てられ荒んだ玩具と、落ちぶれた人間が集まる街は「悪魔のおもちゃ箱」と呼ばれるようになっていた。
街に住む元弁護士のパン屋・ベイカーの前に現れたのは、キャプテン・メレンゲ率いるキッチン玩具団。彼らは、ブタの貯金箱型密室で矢に射られ機能停止した、殺玩具事件の容疑者・コルク抜きビリーの弁護を依頼しにきたのだった!

目次

  • CASE1.ピギーバンクの密室
  • CASE2.逆転の野球盤
  • CASE3.モグラたちの雄弁
  • CASE4.マンション・モルグの殺人
  • エピローグ

製品情報

製品名 玩具都市弁護士
著者名 著:青柳 碧人
発売日 2016年02月18日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-294020-7
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:青柳 碧人(アオヤギ アイト)

【青柳碧人(あおやぎ・あいと)】
1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞し、小説家デビュー。「浜村渚の計算ノート」シリーズはロングセラーの大ヒットとなり、「月刊少年シリウス」でコミカライズもされている。他の著作に、「ヘンたて」シリーズ(ハヤカワ文庫JA)、「朧月市役所妖怪課」シリーズ(角川文庫)、「ブタカン!」シリーズ(新潮文庫nex)など著書多数。

オンライン書店で見る