雨の日も神様と相撲を

講談社タイガ
アメノヒモカミサマトスモウヲ
  • 電子あり
雨の日も神様と相撲を
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「頼みがある。相撲を教えてくれないか?」神様がそう言った。
子供の頃から相撲漬けの生活を送ってきた僕が転校したド田舎。そこは何と、相撲好きのカエルの神様が崇められている村だった!
村を治める一族の娘・真夏と、喋るカエルに出会った僕は、知恵と知識を見込まれ、外来種のカエルとの相撲勝負を手助けすることに。
同時に、隣村で死体が発見され、もつれ合った事件は思わぬ方向へ!?

目次

  • 第一章
  • 第二章
  • 第三章
  • 第四章
  • 第五章

製品情報

製品名 雨の日も神様と相撲を
著者名 著:城平 京
発売日 2016年01月19日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-294010-8
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:城平 京(シロダイラ キョウ)

【城平京(しろだいら・きょう)】
第8回鮎川哲也賞最終候補作『名探偵に薔薇を』(創元推理文庫)にて、長編ミステリデビュー。その後、漫画『スパイラル ~推理の絆~』の原作を手がけ、同作はアニメ化され、大ヒットシリーズとなる。原作者として『ヴァンパイア十字界』を、次いで、『絶園のテンペスト』を連載。後者も2011年にアニメ化された。また、2012年に発表した『虚構推理 鋼人七瀬』(講談社ノベルス)で、第12回本格ミステリ大賞を受賞(2015年12月講談社文庫化)。同作は「少年マガジンR」にてコミックス化されベストセラーとなる。2015年8月より、『天賀井さんは案外ふつう』を「月刊少年ガンガン」にて連載中。多くの読者から、新作を待ち望まれているミステリ作家。

オンライン書店で見る