蜃気楼の犬

講談社文庫
シンキロウノイヌ
  • 電子あり
蜃気楼の犬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

正義など、どうでもいい。
俺はただ、可愛い嫁から幸せを奪う可能性を、迷わず排除するだけだ。明日も明後日も。

県警本部捜査一課の番場は、二回りも年の離れた身重の妻コヨリを愛し、日々捜査を続けるベテラン刑事。周囲の人間は賞賛と若干の揶揄を込めて彼のことを呼ぶ――現場の番場。
ルーキー刑事の船越とともに難事件の捜査に取り組む中で、番場は自らの「正義」を見失っていく――。

江戸川乱歩賞作家が描く、新世代の連作警察小説。

目次

  • 「月に吠える兎」
  • 「真夜中の放物線」
  • 「沈黙の終着駅」
  • 「かくれんぼ」
  • 「蜃気楼の犬」

製品情報

製品名 蜃気楼の犬
著者名 著:呉 勝浩
発売日 2018年05月15日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293915-7
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年5月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:呉 勝浩(ゴ カツヒロ)

呉勝浩(ご・かつひろ)
1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。現在、大阪府大阪市在住。2015年、『道徳の時間』で、第61回江戸川乱歩賞を受賞する。2018年、『白い衝動』で第20回大藪春彦賞受賞。他の著書に、『ロスト』『ライオン・ブルー』など。

オンライン書店で見る