彼女がエスパーだったころ

講談社文庫
カノジョガエスパーダッタコロ
  • 電子あり
  • 受賞作
彼女がエスパーだったころ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

吉川英治文学新人賞受賞作。

進化を、科学を、未来を――人間を疑え!

百匹目の猿、エスパー、オーギトミー、代替医療……人類の叡智=科学では捉えきれない「超常現象」を通して、人間は「再発見」された――。
デビューから二作連続で直木賞候補に挙がった新進気鋭作家の、SFの枠を超えたエンターテイメント短編集。

目次

  • 百匹目の火神
  • 彼女がエスパーだったころ
  • ムイシュキンの脳髄
  • 水神計画
  • 薄ければ薄いほど
  • 佛点

製品情報

製品名 彼女がエスパーだったころ
著者名 著:宮内 悠介
発売日 2018年04月13日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-293894-5
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年4月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:宮内 悠介(ミヤウチ ユウスケ)

宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)
1979年東京生まれ。92年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。在学中はワセダミステリクラブに所属。2010年、「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞の最終候補となり、選考委員特別賞である山田正紀賞に輝く。同作を表題とする『盤上の夜』は第147回直木賞候補となり、第33回日本SF大賞を受賞。さらに第2作品集『ヨハネスブルクの天使たち』も第149回直木賞候補となり、第34回日本SF大賞特別賞を受賞した。また、2013年には、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞、2017年、本書により第38回吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞をそれぞれ受賞している。

オンライン書店で見る