續 信長私記

講談社文庫
ゾクシンチョウシキ
  • 電子あり
續 信長私記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、実弟・信行を殺さねばならなかったのか。
なぜ、松平元康(後の徳川家康)と同盟を結んだのか。
なぜ、藤吉郎を重用したのか。
なぜ、本願寺との戦いを続けたのか。
なぜ、林秀貞を追放したのか。
なぜ、松永弾正の裏切りを許したのか。
なぜ、明智光秀が裏切ったのか。
―全ては「私記」=日記にある。尾張統一から本能寺の変までを描く、信長、その生涯の本質に迫る、衝撃作!

製品情報

製品名 續 信長私記
著者名 著:花村 萬月
発売日 2017年11月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-293799-3
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2015年に刊行された『完本 信長私記』に収録された「續 信長私記」を文庫としてまとめました。

著者紹介

著:花村 萬月(ハナムラ マンゲツ)

花村萬月・はなむらまんげつ
1955年東京都生まれ。1989年『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年『王国記』シリーズの序にあたる『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川龍之介賞を受賞。その他の著書に『日蝕えつきる』『ロック・オブ・モーゼス』『舎人の部屋』『完本 信長私記』などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る