新装版 平城山を越えた女

講談社文庫
シンソウバンナラヤマヲコエタオンナ
  • 電子あり
新装版 平城山を越えた女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大和と京を結ぶ「奈良坂」で消息を絶った女を探す浅見光彦は、文人縁の宿「日吉館」を訪れる。その矢先、ホトケ谷で変死体が発見され、仏像ファンの編集者・美果共々、警察に嫌疑を掛けられる羽目に……。三度盗難に遭った「香薬師仏」が招く悲劇を、歴史ロマンに彩られた筆致で描く著者屈指のミステリー。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 写経の寺にて
  • 第二章 奈良の宿・日吉館
  • 第三章 香薬師仏の秘密
  • 第四章 厄介な容疑者
  • 第五章 消えた「本物」
  • 第六章 日本美術全集
  • 第七章 菩薩を愛した男
  • 第八章 秋篠の里の悲劇
  • エピローグ

製品情報

製品名 新装版 平城山を越えた女
著者名 著:内田 康夫
発売日 2017年05月16日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-293610-1
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は1990年10月、小社より単行本として刊行され、1992年10月に講談社ノベルス、1994年1月に講談社文庫、2001年3月に徳間文庫、2013年11月に文春文庫に収録されました。また、2011年6月には内田康夫ベストセレクション(角川書店)としても刊行されています。

オンライン書店で見る