恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち

講談社文庫
コイジガシマサービスエリアトソノヨルノケモノタチ
  • 電子あり
恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「静かな夜には口笛を吹きたくなる奴がいるものです。口笛が聴こえる夜は、もうすでにいつもの夜とは違いますからね」 四国と淡路島の境目にある〈恋路ヶ島サービスエリア〉の売り子になると、一年以内にプロポーズされるという伝説がある。その伝説を信じるでもなく信じている理代子は、ある夜事件に巻き込まれていく。人生の小休止=サービスエリアに集まった“獣”たちが繰り広げるポップでちょっとシリアスな長編ミステリ。


「静かな夜には口笛を吹きたくなる奴がいるものです。口笛が聴こえる夜は、もうすでにいつもの夜とは違いますからね」

 四国と淡路島の境目にある〈恋路ヶ島サービスエリア〉。このサービスエリアの売り子になると、一年以内に恋人からプロポーズされるという伝説がある。そんな伝説を信じるでもなく信じている恋路ヶ島出身の理代子は、自宅アパートとバイト先のサービスエリアを往復する平凡な日常を送っていた。ある夜、謎の新入り清掃士マキノの「静かな夜です。気をつけて」という一言から、理代子は事件に巻き込まれていく。 死体を運ぶ兄弟、有名司会者と愛人、人類嫌悪団体〈ノア〉……。人生の小休止=サービスエリアに、その夜集まった“獣”たちが繰り広げるポップでちょっとシリアスな、長編ミステリ。

目次

  • 第一章
  • マキノ一
  • 第二章
  • 第三章
  • 第四章
  • マキノ二
  • 第五章
  • 第六章
  • 第七章
  • マキノ三
  • 第八章
  • 間奏
  • 第九章
  • 第十章
  • マキノ四
  • 最終章
  • もう一つのエピローグ

製品情報

製品名 恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち
著者名 著:森 晶麿
発売日 2016年11月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293498-5
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年1月、小社より刊行されたものに加筆修正を加えたものです。

著者紹介

著:森 晶麿(モリ アキマロ)

1979年静岡県生まれ。2011年に第1回アガサ・クリスティー賞を受賞した『黒猫の遊歩あるいは美学講義』に始まる「黒猫シリーズ」の他、『ホテルモーリスの危険なおもてなし』『COVERED M博士の島』『ピロウボーイとうずくまる女のいる風景』『かぜまち美術館の謎便り』『偽恋愛小説家』『そして、何も残らない』『葬偽屋は弔わない 殺生歩武と5つのヴァニタス』『怪物率』などがある。

オンライン書店で見る