さらばスペインの日日(上)

講談社文庫
サラバスペインノヒビジョウ
  • 電子あり
さらばスペインの日日(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ドイツに続く日本の無条件降伏で第二次世界大戦が終結。密命を帯びスペインに潜行していた陸軍情報将校の北都昭平は戦犯指定の危機にさらされる。一方、英国情報部員ヴァジニアは、MI6の遣り手情報部員の二重スパイ疑惑の真相に迫るが、罠に陥り拘束される羽目に。
著者渾身のイベリア・シリーズ完結篇。

製品情報

製品名 さらばスペインの日日(上)
著者名 著:逢坂 剛
発売日 2016年09月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-293466-4
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2013年11月に小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:逢坂 剛(オウサカ ゴウ)

1943年東京都生まれ。中学時代から探偵小説、ハードボイルド小説を書きはじめ、’80年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’86~’87年、ギターとスペイン内戦を扱った『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。著書には「イベリア・シリーズ」のほか、「近藤重蔵シリーズ」(講談社)、「長谷川平蔵シリーズ」(文藝春秋)、「百舌シリーズ」(集英社)など多数。

オンライン書店で見る