紫匂う

講談社文庫
ムラサキニオウ
  • 電子あり
紫匂う
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。今、ここで、心のままに生きられたなら――。直木賞作家が描く、人妻の恋。日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。全国17紙に掲載された大人気連載!


義か情か。武士の妻の選ぶ道とは?

刀や槍を持たない女たちの武器は、愛であり、矜持であり、信念である。-大矢博子(書評家)

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。今、ここで、心のままに生きられたなら――。直木賞作家が描く、人妻の恋。日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。全国17紙に掲載された大人気連載がついに文庫化!

製品情報

製品名 紫匂う
著者名 著:葉室 麟
発売日 2016年10月14日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293435-0
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年4月、講談社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:葉室 麟(ハムロ リン)

1951年、福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て、『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞受賞しデビュー。2007年、『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞。2009年、『いのちなりけり』で第140回直木賞候補。『秋月記』で第22回山本周五郎賞および第141回直木賞候補。2010年、『花や散るらん』で第142回直木賞候補。2011年、『恋しぐれ』で第145回直木賞候補。2012年、『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞。本書と同じ九州豊後・黒島藩を舞台にした作品に『陽炎の門』『山月庵茶会記』がある。著書には他に『春雷』『蒼天見ゆ』『はだれ雪』『神剣 人斬り彦斎』などがある。

オンライン書店で見る