燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿

講談社文庫
ハンサイノオカケンチクタンテイサクライキョウスケノジケンボ
  • 電子あり
燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『僕は――ヒトゴロシ』。謎の詩を残して姿を消した桜井京介は、久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。神代宗の話を聞いた蒼は、京介を捜し歩き、20年前の忌まわしき事件を知る。久遠家のルーツが明らかになった時、父グレゴリの狂気が京介を襲った! 「建築ミステリ」の金字塔、ついに完結!

目次

  • 第一原質
  • 彼のための杯
  • オルフェウスのように
  • 遥かなるベロヴォージエ
  • 『桜井京介』の父
  • より冥きものによりて冥きものを
  • その名は永久に呪われるべし
  • 影の領域
  • ミラボー橋暮色
  • 嘘という名の真実
  • 怒りの日なり、この日は
  • デウス・エクス・マーキナ
  • 黒の過程
  • 我を憎み我を殺すべし
  • 目覚めよと呼ぶ声が聞こえ
  • エピローグ──花ほころぶ日
  • ノベルス版あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿
著者名 著:篠田 真由美
発売日 2016年08月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-293423-7
判型 A6
ページ数 768ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は、2011年1月、講談社ノベルスとして刊行されました。文庫化にあたり、一部改筆いたしました。

著者紹介

著:篠田 真由美(シノダ マユミ)

1953年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒、専攻は東洋文化。91年『琥珀の城の殺人』で作家デビュー。94年、建築探偵桜井京介シリーズの第一作『未明の家』を発表。同シリーズは、本書『燔祭の丘』で完結するまで16年間にわたって続いた。他の著書に『この貧しき地上に』全三作、『レディMの物語』『緑金書房午睡譚』(以上、すべて講談社)、「龍の黙示録」シリーズ(祥伝社)、「黎明の書」シリーズ(徳間書店)、『幻想建築術』『ホテル・メランコリア』(ともにPHP研究所)、『閉ざされて』(角川書店)などがある。近著は、
新シリーズ2作目にあたる『レディ・ヴィクトリア 新米メイド ローズの秘密』 (講談社タイガ)。

オンライン書店で見る