ホテルモーリスの危険なおもてなし

講談社文庫
ホテルモーリスノキケンナオモテナシ
ホテルモーリスの危険なおもてなし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

毎日ギャングがやってくる。彼らを迎え撃つのは、伝説のホテルマンの妻、元殺し屋のチーフ・コンシェルジュ、そして新人支配人。アガサ・クリスティー賞作家がもてなす、劇場型ミステリー!

製品情報

製品名 ホテルモーリスの危険なおもてなし
著者名 著:森 晶麿
発売日 2016年05月13日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-293413-8
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年8月、『ホテル・モーリス』として講談社より刊行されたものを改題し、加筆修正を加えたものです。

著者紹介

著:森 晶麿(モリ アキマロ)

1979年静岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。2011年に第1回アガサ・クリスティー賞を受賞した『黒猫の遊歩あるいは美学講義』に始まる「黒猫シリーズ」の他、『ホテル・モーリス』『COVERED M博士の島』『恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち』『かぜまち美術館の謎便り』『偽恋愛小説家』『そして、何も残らない』『葬偽屋は弔わない 殺生歩武と5つのヴァニタス』『アドカレ! 戸山大学広告代理店の挑戦』『ピロウボーイとうずくまる女のいる風景』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス