真田を云て、毛利を云わず(下) 大坂将星伝

講談社文庫
サナダヲイイテモウリヲイワズゲオオサカショウセイデン
  • 電子あり
真田を云て、毛利を云わず(下) 大坂将星伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊臣政権の次代を担う器と目された毛利勝永の眼前に、徳川家康が立ちはだかる。太閤秀吉の遺志を継いだ石田三成を首領にした西軍は、関ヶ原で徳川家康を迎え撃つも敗戦を喫してしまう。家康に反した毛利勝永は、豊前小倉を追われ土佐藩山内家預りの身に。十余年の隠遁生活の中、勝永の志の火は燃え続けていた。豊臣恩顧の武将らが大坂城に馳せ参じた時、勝永が見据える先は、家康が本陣のみ!(『大坂将星伝』改題)

目次

  • 第一章 大戦略
  • 第二章 南宮山
  • 第三章 敗残の日々
  • 第四章 隠遁者たち
  • 第五章 真田丸
  • 第六章 和と戦
  • 第七章 戦端、再開
  • 第八章 小松山散華
  • 第九章 浪の花
  • 終 章 蘖

製品情報

製品名 真田を云て、毛利を云わず(下) 大坂将星伝
著者名 著:仁木 英之
発売日 2016年06月15日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-293410-7
判型 A6
ページ数 544ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年1月~3月に刊行された『大坂将星伝』(上・中・下巻/星海社刊)を文庫化に際し2分冊、修正・加筆したものです。

オンライン書店で見る