大奥の座敷童子

講談社文庫
オオオクノザシキワラシ
  • 電子あり
大奥の座敷童子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は黒船来航に揺れる徳川家定の治世。 奥州にある野笛藩一の美女、今井一期(イチゴ)は貧する国許を救うため、野笛出身の座敷童子を連れ戻すべく、大奥へ奉公に上がる。出没する”枕絵の妖怪”や人が死ぬ際に泣く妖怪”泣きジジさま”に翻弄されながらイチゴが知った座敷童子の正体とは? 温かい涙でじんわりと笑みがおとずれる、大人気「幻想シリーズ」の著者が放つ癒やし時代小説。

目次

  • 1 座敷童子をさがせ
  • 2 ひな祭りと謎の人影
  • 3 大奥出世双六
  • 4 髑髏獅子
  • 5 雪のおぐしの方
  • 6 忘れられた人
  • 7 大奥の怪談
  • 8 三毛猫のつかい
  • 9 サダさんの正体
  • 10 泣きジジさまの正体
  • 11 暗殺
  • 12 野笛から来た人
  • 13 徳川家康と妙ちきりんなやつ
  • 14 大奥の座敷童子
  • 15 危険のただ中へ
  • 16 将軍、見参
  • 結び
  • 文庫書下ろし おっかさま

製品情報

製品名 大奥の座敷童子
著者名 著:堀川 アサコ
発売日 2016年05月13日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-293382-7
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年3月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る