カラスの教科書

講談社文庫
カラスノキョウカショ
カラスの教科書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ゴミを漁り、不吉を連想させ、カーカーとうるさがられるカラス。だがその生態をつぶさに観察すると驚くことばかり。走る車にくるみの殻を割らせ、マヨネーズが好き。「東京にカラスが多い理由は」「カラスは人間を識別できるのか」「カラスは食えるのか」などなど。日々、カラスを追う気鋭の動物行動学者がユーモアを交え、謎めいた愛すべき存在に迫る。カラスと仲良くするための初級カラス語会話もついている。

製品情報

製品名 カラスの教科書
著者名 著:松原 始
発売日 2016年03月15日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293357-5
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年1月に雷鳥社より刊行されました。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス