軍神の血脈 楠木正成秘伝

講談社文庫
グンシンノケツミャククスノキマサシゲヒデン
  • 電子あり
軍神の血脈 楠木正成秘伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

薬剤師の早乙女瑠璃は、神風特攻隊の生き残りで祖父の修吉から、『太平記』を渡される。だが、楠木正成に関する部分を読むよう告げた修吉は、何者かに毒を射たれ、瀕死の重体に。事件の背後には秘密結社〈南木の会〉が。瑠璃は、祖父の命を救うため、元同級生で作家の京一郎とともに、正成の死に纏わる謎を追う!

目次

  • 《序》
  • 午前七時の哀
  • 午前九時の陰
  • 午前十時の鬱
  • 午後零時の縁
  • 午後二時の恩
  • 午後四時の解
  • 《跋》

製品情報

製品名 軍神の血脈 楠木正成秘伝
著者名 著:高田 崇史
発売日 2016年03月15日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293333-9
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2013年4月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る