呉越春秋 湖底の城 五

講談社文庫
ゴエツシュンジュウコテイノシロ5
  • 電子あり
呉越春秋 湖底の城 五
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

楚王の死去を知った伍子胥は呉王・僚を討つ。公子光は呉王闔廬となり、その子・終累は太子となった。子胥は闔廬に後年『孫子』で名を馳せる孫武を推挙する一方、闔廬の命で呉の外交を任されている季子のもとを訪れる。季子は「斉に対して呉は敵対する意志がないことを伝えるべし」と述べ、子胥がその使者となった。斉に入った子胥は、その足で孫武と、孫武のもとに預けた褒小羊を迎えにいく。孫武の献策により、次々と敵を懐柔していく闔廬。いよいよ、子胥の悲願でもある楚との決戦が迫ってきた! 決戦前夜、伍子胥篇第五弾!

目次

  • 右ゆうの帰郷
  • 子胥の外交
  • 孫子の兵法
  • 春景色
  • 女兵
  • 季子の死
  • 嶽半
  • 鍾吾と徐
  • 孫武の奇知
  • 神出鬼没策戦
  • 呉軍と越軍
  • 豫章の戦い

製品情報

製品名 呉越春秋 湖底の城 五
著者名 著:宮城谷 昌光
発売日 2016年09月15日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-293312-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年9月に小社より単行本として刊行されました。初出は「小説現代」2013年8月号~2014年7月号。

著者紹介

著:宮城谷 昌光(ミヤギタニ マサミツ)

1945年愛知県蒲郡市生まれ。『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を、『重耳』で芸術選奨・文部大臣賞を、『子産』で吉川英治文学賞を受賞。中国古代に材をとった歴史ロマンの第一人者。『管仲』『楽毅』『晏子』『王家の風日』『奇貨居くべし』『太公望』などの小説、『クラシック 私だけの名曲1001曲』『クラシック千夜一曲』などのエッセイほか著書多数。近著に『三国志』『劉邦』などがある。本書の続編が「小説現代」にて連載中。

オンライン書店で見る