卒業 一九七四年

講談社文庫
ソツギョウ1974ネン
  • 電子あり
卒業 一九七四年
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

七〇年代、田舎の純な女子高生はこんなに、まぶしく美しかった!一九七四年冬。黒江竜児は高三、受験と卒業の季節を迎えた。一年前、卒業までに初体験を済ませると誓ったが、十八歳の誕生日が来てもキスもまだで彼女もいない。同級生の島崎由美とも片想いの関係だ。そんなある日、担任の岸田亜貴子に彼は思わず、ある言葉を伝えてしまう。青春の覚醒(めざめ)を描く書下ろし官能小説。


七〇年代、田舎の純な女子高生はこんなに、まぶしく美しかった!

一九七四年冬。黒江竜児は高三、受験と卒業の季節を迎えた。一年前、卒業までに初体験を済ませると誓ったが、十八歳の誕生日が来てもキスもまだで彼女もいない。同級生の島崎由美とも片想いの関係だ。そんなある日、担任の岸田亜貴子に彼は思わず、ある言葉を伝えてしまう。青春の覚醒(めざめ)を描く書下ろし官能小説。

青春の味と香りは美しく甘いのか。それとも? 昭和青春官能長編。睦月影郎新境地。七十年代が香り濡れる。高校三年生の青い体験。

目次

  • 第一章 悶々の日々
  • 第二章 熱き初体験
  • 第三章 無垢な匂い
  • 第四章 われら性春
  • 第五章 目眩く快楽
  • 第六章 本当の卒業

製品情報

製品名 卒業 一九七四年
著者名 著:睦月 影郎
発売日 2016年01月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293292-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:睦月 影郎(ムツキ カゲロウ)

1956年神奈川県横須賀市生まれ。県立三崎高校卒業。23歳で官能作家デビュー。熟女もの少女ものにかかわらず、匂いのあるフェチックな作風を得意とする。著書は400冊を突破。近刊に『影舞』、『肌褥』、「平成好色一代男」シリーズ、『Gのカンバス』(以上、講談社文庫)、『欲情の文法』(星海社新書)、『おんな快々淫書』(宝島社文庫)、『キネマ館多情』(徳間文庫)、『妖女の棲む家』(竹書房ラブロマン文庫)、『住職の妻』(二見文庫)、『淫蜜教室』(コスミック文庫)、『蜜双六』(祥伝社文庫)、『若後家ねぶり』(学研M文庫)、『香り蜜』(廣済堂文庫)、『家性婦の秘蜜』(双葉文庫)、『テレビに夢中だった!』(双葉新書)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る