希望ヶ丘の人びと(下)

講談社文庫
キボウガオカノヒトビトゲ
  • 電子あり
  • 映像化
希望ヶ丘の人びと(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妻の中学時代の同級生――親友のフーセン、すぐ教師にチクる宮嶋、初恋の人エーちゃん。それぞれが大人になり、家族を持ち、亡き妻のことを私に語る。娘の美嘉の授業参観に出席し、息子の亮太が通う書道教室の危機に慌てる私の塾には、この街の『ふつう』からはずれた生徒が集う。希望とはなんなのだろうか?

目次

  • 第六章 帰ってきたエーちゃん(承前)
  • 第七章 嵐の授業参観
  • 第八章 瑞雲先生、落涙す。
  • 第九章 美嘉の闘い、マリアの旅立ち
  • 第十章 屋上最終決戦!
  • 最終章 希望ヶ丘よ永遠なれ
  • エピローグ 赤い夕陽がこの街染めて
  • 講談社文庫版のためのあとがき

製品情報

製品名 希望ヶ丘の人びと(下)
著者名 著:重松 清
発売日 2015年11月13日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-293259-2
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2011年5月、小学館文庫として刊行されました。

オンライン書店で見る